「Web画像講座」入り口編・3


 

「加工ソフト」

 
いろいろありますが、ただ加工できるだけでは、Webに向いているとは言えません。
ちゃんとWeb用に加工できないと、Webでは意味がありません。
代表なのは「フォトショップ」など。(正規版は使ったことないけど。)
このソフトは、「画像解像度」を指定できるし、
「Web用に保存」を選んでWeb用に軽く出来ます。
操作自体は簡単ですが、
 
「フォトショップ」は10万近く?しますし、
廉価版の「フォトショップエレメンツ」(今バージョン3.0が出ているらしいですが)
1万?位(すいません、うとくて)します。
 
で、フリーのただソフトでなんとかならないか?
 
 
朝日新聞で連載している「ソフ得!」というコラムの、
2003年6月21日の記事に載っていた
初心者向けフォトレタッチソフト 「JTrim」というソフトを見つけました。
画像解像度は指定できないようですが、かなり軽く出来ます。
 
http://www.woodybells.com/

 
より配布されています。
 
公認で、http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/gazouhenkan/jtrim/
 
のサイトに詳しく使い方について紹介されています。
 
ダウンロードするときは、自己責任でお願いいたします。

「JTrim」の使い方。
〜まだダウンロードしたばかりの夜子の体験記〜

 
デジカメ画像を使って、「JTrim」の使い方を紹介します。
(撮影が下手とか趣味が悪いとかは突っ込まずにお願いします。)

1.上部の「イメージ」→「リサイズ」を選択
「サイズを指定する」に「400×300」と打ち、「縦横の比率を保持する」を選択

2.「イメージ」→「JPEG品質」を選択
「ファイルサイズで指定する」を選び、「最大30kb」を選択
 

元が1.40MBのJPEG画像が38.5kbになりました。
 
____________________________

同様に「200×150」、「最大20kb」を選択。28.5Kbに。
 

____________________________
 
「ファイルサイズで指定する」は目安のようです。
 
わりと簡単です。

(2005.6/4)