サイト名の由来2 「月」と「夜」と「水」

清水先生の本名は知らない。
でも、「清水玲子」。
凛として。
これほど清水先生にぴったりな名前はない。
 
清らかな水。『竜の眠る星』や『月の子』や『MAGIC』は、水が深く関係する。
『竜の眠る星』は泳げる種族と泳げない種族の争いだし、
泳いだりおぼれたりするシーンがふんだんにでてくる。
『月の子』は人魚の話だし。
『MAGIC』には、『決して触れてはいけない水の中の月」が、テーマのひとつ。
 
清水先生の描く水にぬれたシーン、素敵だ。
 
『画集WALTZ』のP6の晶とかP47の「サイレント」の碧君、
P50のセイラ、P55のティルト。P77のベンジャミン。
『画集輝夜姫』のP21の晶。
 
P36の由と晶なんか、もう最高に綺麗。
 
清水先生の、透明感のある絵は、「水」を連想する。
 
そして、世界観の闇、キャラたちの心の闇は、「夜」「闇」に属する。
 
 
「月」「星」「宇宙」「天」は、多くの清水世界のキーワードだ。
   
_______________________________________________
 
 
これらをどこまで意識して、私は、【月夜水の詩】というサイト名にしたのかは、
もう覚えていない。
でも「月」と「水」に関係する言葉を使いたくて。
「月夜(つくよ)」という言葉が気にかかって、それに「水」をつけました。
 
『月の子』『輝夜姫』『清水』それらから1字とっていた
自覚があったのかどうかまでは覚えていませんが。
 
 
検索しても、ほかに同じサイト名のサイトはなさそうなので、
それはホント、よかったですね。

(2007年7月7日)